スルスルむくみんは妊娠中でも大丈夫?

成分・安全性
スルスルむくみんは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?全成分の安全性について調べてみました。

妊娠中や授乳中にスルスルむくみんを飲んでもいい?

スルスルむくみんは妊娠中や授乳中は控えたほうがいいです。というのは、スルスルむくみんの成分は安全なのですが、妊娠中や出産直後の身体はとってもデリケートで体調も不安定です。
妊娠中はむくみやすい時期なので、スルスルむくみんを試してみたくなるかもしれませんが、産後 授乳が終わってから飲むようにしましょう。
成分の安全性については以下を読んでみてくださいね。

スルスルむくみんの全成分を詳しく検証

スルスルむくみんの全成分は以下のようになります。
デキストリン、ナギイカダエキス末、ビール酵母、月桃葉エキス末、ヒハツエキス末、スターフルーツ葉エキス末、ハス胚芽エキス末/ゼラチン、食用油脂、カラメル色素
一つ一つの成分について、詳しく調べてみました。

デキストリン

原料は、じゃがいもやとうもろこしのデンプンです。とろみを付けたり、液状のものを固めるのに使われています。ダイエットサプリメントによく利用されていて、安全性は高いです。

ナギイカダエキス末

ナギイカダは別名を「ブッチャーズブルーム」といいます。ヨーロッパではハーブティーとして親しまれています。身体の水分量を調整する作用があり、むくみの改善が期待できます。また、血管を強くするため動脈硬化予防にもなります。

ビール酵母

ビール酵母は酵母菌の一種です。ビールの製造過程で作られます。必須アミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維など、たくさんの栄養素が含まれています。乳酸菌、食物繊維は胃腸の働きを活性化し、便秘解消やダイエット効果があります。ビタミンB群、タンパク質、ミネラルには美肌・美髪効果が期待できます。

月桃葉エキス末

「月桃」は沖縄では古くからさとうきび畑の防風林として植えられています。赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用があります。防虫、防カビ、抗菌作用にも優れています。
また、独特な香りには癒し効果があり、アロマオイル等にも使われています。コラーゲンを生成するためのエネルギー源にもあるため、化粧水や美容液などの基礎化粧品にも使われています。

ヒハツエキス末

ヒハツは別名「島胡椒」と呼ばれていて、沖縄でよく作られています。少し甘い香りがして独特のピリピリした辛さがあり、食べると体がポカポカとあたたまります。血管を拡張して血流を良くするため、冷え性やむくみのの予防、改善効果が期待できます。

スターフルーツ葉エキス末

主成分はフラボノイドとカルコン類です。フラボノイドには抗酸化作用があります。カルコンはポリフェノール系の成分で、抗菌、抗酸化、抗炎症作用があります。血栓ができるのを抑止したり、内臓脂肪の減少効果があると言われています。
また、スターフルーツ葉はコラーゲンの量を保って肌のハリや新陳代謝を促したり活性酸素を除去する作用もあるので、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できるとして美容業界で注目されている成分です。

ハス胚芽エキス末

ハス胚芽はフラボノイド類を豊富に含んでいる成分です。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作り、角質層の新陳代謝を促す作用や脂肪を分解する効果も期待できます。
ここまでがスルスルむくみんの成分で、ゼラチン、食用油脂、カラメル色素の3つはカプセルの成分になります。
ゼラチンはゼリーを作ったりお料理に使われたりする高タンパク質食品、食用油脂はサラダオイルや天ぷら油などと同じような食用の油ですね。カラメル色素は天然成分でカプセルの着色に使われています。
食用油脂、カラメル色素は大量に摂取すると危険とされている成分ですが、カプセルの製造過程で極少量 使われいるだけなので、安全性に関しては全く問題はありません。

まとめ:スルスルむくみんは安心安全だけど、妊娠中は控えましょう

スルスルむくみんの成分はとても安全で、スッキリ効果だけではなく美容にも効果を発揮しそうなものばかりでした。でも、デリケートな妊娠、授乳期は飲むのを控えましょう。
妊娠中はむくみやすくなるので飲んでみたくなるかもしれませんが、塩分を控えたり食物繊維やカリウムがたっぷり摂れる野菜、海藻類を多めにするなど栄養バランスの良い食事やマッサージでむくみ対策をしてくださいね。
あまりにもむくみがひどい場合は妊娠中毒などの恐れがあるので主治医の先生に相談したほうがいいですよ(*^_^*)