スルスルむくみんはセルライトにも効果あり?

効果
セルライトとは太ももやお尻に見られる肌の表面のボコボコのことです。見た目がオレンジの皮に似ていることから英語では「orange peel skin(オレンジピールスキン)」と呼ばれているそうです。
セルライトができてしまったデコボコ肌、やっぱり気になりますよね。スルスルむくみんはセルライトにも効果があるのでしょうか?
残念ながら「スルスルむくみんを飲むだけで、しかも短期間でセルライトが消える」ということはありません。あくまでもサプリメントなので、そんな即効性はないです。
でも、スルスルむくみんの口コミには「太もものゴワゴワが少し柔らかくなった」と感じている人もいました。一度できてしまったセルライトはなかなか元の肌には戻りませんが、同時にマッサージなどをしていくことで、だんだんとセルライトが目立たなくなる効果は期待できるのではないでしょうか。

そもそもセルライトはどうしてできるの?むくみとセルライトの関係

セルライトはお肌のすぐ下、皮下組織にある脂肪細胞が肥大化して作られます。「カラダの巡り」が悪くなると、毛細血管やリンパ管から不要なものが溢れ出てきます。この状態が「むくんでいる」ということですね。
そして、このむくみよって血管やリンパ管から溢れ出た不要なものを脂肪細胞が引き寄せて大きくなっていくんです。肥大化した脂肪細胞がくっついてセルライトになってしまいます。
脂肪細胞は肌の表面(表皮)のすぐ下にあるので、セルライトができてしまった肌はボコボコと見えてしまうんですね。
セルライトは冷えの原因の一つとも考えられていて、セルライトができるとますますカラダの巡りが悪くなり、代謝も下がって太りやすくなっていきます。そしてどんどんセルライトが増殖していく…という悲しい悪循環に陥ってしまうことも(>_<)
一旦セルライトができてしまうと、解消するのは難しいと言われています。ですから脂肪細胞がセルライトに変わる前に、むくみをケアすることが大切です。

まとめ:むくみケアのスルスルむくみんでセルライト予防

スルスルむくみんには既にできてしまっているセルライトに対する即効性はありませんが、新しくセルライトが作られるのを阻止する効果は大いに期待できます。
むくみの原因は血液やリンパの循環(カラダの巡り)が悪くなることです。スルスルむくみんにはカラダの巡りにうれしい成分やカラダをポカポカと温める成分が使われています。
セルライトは2~3年かけてゆっくり肌の表面に現れてくると言われているので、今はボコボコしていなくても、実は「セルライト予備軍」がお肌の下で着々と作られているかもしれません。
完全なセルライトになって肌の表面に現れてくる前にむくみをケアしてセルライトを予防したいですね。